改正・労働者派遣法 対策セミナー

 10月1日施行の改正・労働者派遣法のポイントと対策を解説します 

10月1日施行の改正・労働者派遣法のポイントと対策を解説し  4月に公布された改正・労働者派遣法が10月1日に施行されます。内容的には、日雇派遣の原則禁止やグループ企業内派遣の8割規制などが取りざたされていますが、この点については、実務的な影響は少ないと言われています。

 むしろ、今回の改正で大きな影響があるものは、「労働契約申込・みなし制度」です。この制度は、違法派遣があった場合は、違法派遣の時点において、派遣先が派遣労働者に対して、派遣元との労働条件と同じ内容で労働契約を申し込んだものとみなし、派遣労働者が承諾すれば派遣先が派遣労働者を直接雇用する、という制度です。(違法派遣には、無許可、無届の派遣元からの受け入れや期間の制限を超えての受け入れ、その他、いわゆる偽装請負も対象になっています。)

  「労働契約申込・みなし制度」についての施行は平成27年10月1日からですが、3年後の施行に向けて労働局等の調査・指導が厳しくなることも予想される中、現状の派遣契約や請負契約が適法かどうかの検証を踏まえ、具体的な対策や今後の方向性について、今から準備をしておく必要があります。

 そこで今回のセミナーでは、「労働契約申込・みなし制度」を含めた改正・労働者派遣法のポイントと対策を解説します。  

対象

 経営者、幹部社員、人事・総務・経理ご責任者様

セミナー内容(予定)

  1. 改正・労働者派遣法の経緯と概要 

  2. 改正・労働者派遣法の具体的内容 

    ①日雇派遣の原則禁止

    ②グループ企業内派遣の8割規制 

    ③労働契約申込・みなし制度 

    ④その他

  3.   会社としてどう対応するか? 

     4.    まとめ&質疑応答   

開催日時 

  1. 平成24年    9月26日(水) 終了しました
  2. 平成24年 10月   4日(木)   終了しました

            いずれも 14:00 ~16:00 (受付 13:30~)

お申し込み・その他

   参加お申し込みの受付は、終了しました。

 

中堅・中小企業労務管理無料相談(初回無料)

お気軽にご相談下さい。相談場所は当事務所になります。

こんな時ご相談下さい

コンサル Blog
社会保険労務士 上田 正裕

中堅・中小企業の健全な発展のために

ブログ記事はこちらをお読み下さい。