マイナンバー制度・実務対応セミナー

  制度の基本から、今後に必要な実務での対応についてお話します!

  平成28年1月から、「社会保障・税番号制度」(マイナンバー)が実施されます。マイナンバーとは、行政手続きにおいて、特定の個人を識別する番号のことで、より正確に所得を把握することによる社会保障や税の給付と負担の公平化や行政事務の効率化を図る目的等で導入されます。

    具体的には、年金事務所やハローワーク、税務署等に提出する書面に記載することが義務付けられ、平成27年10月より各個人に市区町村から送付される通知カードにより個人番号が付与される予定になっています。

    よって、全ての民間企業は平成28年1月までに従業員、顧客、株主、取引先等から個人番号を取得して、行政機関等に提出する書面に記載できる体制の整備と同時に、マイナンバーは要保護性が高いことから、法律で禁止事項や罰則が定められていますので、情報管理の面からの準備・対応が必要です。

    そこで、今回のセミナーでは、今から取り組むより具体的な実務での対応策に重点を置いてお話します。

 

  セミナー内容(予定)

   <マイナンバー制度の内容>

    1.そもそもマイナンバーとは何か?

    2.マイナンバーの利用範囲

    3.企業受ける影響

    4.情報安全管理と罰則

    5.今後のスケジュール

   <企業に必要な実務対応>

    6.全従業員からの個人番号取得 

    7.取得時の本人確認

    8.対応が必要な業務

    9.情報の破棄

    <まとめ>

 

  日  程

    平成27年 3月18日(水) 終了しました    mmamaoo

  時  間

    15:00~17:00(受付 14:30~)    

  場  所

    新大阪丸ビル別館(JR新大阪駅 から徒歩3分)

  講  師

    上田 正裕  (社会保険労務士 上田事務所)

  定  員

     20名 ※定員になり次第、締切させていただきます。

  参加費用

    無料(現在及び以前に当事務所とのお取引実績があるお客様)

    5,400円(上記以外の方)

  対  象

    経営者 幹部社員 人事・労務・経理責任者様

    ※社会保険労務士、コンサルタント等、同業の方はご遠慮ください。

  参加お申込み

      参加お申し込みの受付は、終了しました。       

中堅・中小企業労務管理無料相談(初回無料)

お気軽にご相談下さい。相談場所は当事務所になります。

こんな時ご相談下さい

コンサル Blog
社会保険労務士 上田 正裕

中堅・中小企業の健全な発展のために

ブログ記事はこちらをお読み下さい。