社内インストラクター制度

 社内インストラクター制度を数年前に導入したお客さんですが、今年もその季節がやってきます。

 この制度は、新入社員がいち早く業務になれて活躍できるように、コーチ役としての「インストラクター」を若手社員に担当させ、会社として新人指導に関して、マンツーマン体制を組んでいくものです。

 

 目的と効果は、

  ①新人育成のスピードが速くなる

  ②新人育成のバラツキが少なくなる

  ③新人を育てることによって、育てる人自身がより成長する。

 

 ①、②の新人への効果は勿論ですが、併せて③の効果が生まれるのがポイントです。 

 後輩を教えることによって先輩・上司自身が成長を実感できるんですね。

 

 具体的には、インストラクターの人達には、自分達の行動基準や新人育成計画の立案(ここが重要です!)をしてもらいます。

 また、新人とインストラクターとの日報の作成等、定期的なコミュニケーション基準を決める他、毎月1回のインストラクターミーティングを実施して、インストラクター同士の情報交換を行い、他の新人の育成状況を知ることも大切です。 

 

 まもなく、新しいインストラクターの人達へガイダンスを行い、来月の新人研修を経て、今年のインストラクター制度のスタートです!

中堅・中小企業労務管理無料相談(初回無料)

お気軽にご相談下さい。相談場所は当事務所になります。

こんな時ご相談下さい

コンサル Blog
社会保険労務士 上田 正裕

中堅・中小企業の健全な発展のために

ブログ記事はこちらをお読み下さい。