インバスケット研修

 お客さんから、インバスケットの問い合わせがありました。

 昨年にお話をしていたのですが、ようやく時間が取れそうとのことですので、近々にお伺いして、打合せをしないといけません。

 

 インバスケットとは、1950年代にアメリカ空軍で生まれたといわれるトレーニングツールで、架空の役職・人物になりきって、制限時間内で多くの未処理案件の処理を行うビジネスゲームです。(インバスケット=未処理箱)

 大手企業では、古くから管理職の登用試験などに使われていますが、中堅・中小企業でも活用する事例が増えています。

 

 ただ、中堅・中小企業では、管理職に登用する際の人材を選抜するツールというよりも、管理職として必要な能力が備わっているか?、自分自身のマネジメントのスタイル(パターン)は何か?を、客観的に気付いてもらい、その後の改善につなげていくために活用してもらっています。

 

 ですので、今回も「試験」というよりも「研修」という形式で進めます。

 

 ところで、参加予定の社員は、初めての方がほとんどのようです。

 

 おもしろいくらい自分自身のスタイル(パターン)が出て、びっくりされる様子が今から目に浮かびます。

中堅・中小企業労務管理無料相談(初回無料)

お気軽にご相談下さい。相談場所は当事務所になります。

こんな時ご相談下さい

コンサル Blog
社会保険労務士 上田 正裕

中堅・中小企業の健全な発展のために

ブログ記事はこちらをお読み下さい。