賞与・2つの質問

 12月も半ばを迎え、今年もあと少しとなりました。

 企業で働いている方にとっては、冬の賞与(ボーナス)が出る or 出た時期。

 業績がよくないところは、金額がダウンになったり、ゼロのところも。

 

 そして、賞与(ボーナス)について、よく質問されることは2つ。

 

 1つは、賞与(ボーナス)の分配の方法。

 

 単純に基本給の何ヶ月分という方法もあれば、基本給を連動させた基本賞与と、各自の目標達成度を評価した業績賞与の合計で計算する方法もあります。

 もし、基本給を連動させないのなら、「等級 × 評価点」をマトリックス表にしてポイントを決める方法があり、私のオススメはこの方法です。

 

 2つめは、賞与(ボーナス)の原資をいくらにするか?

 意外とこっちの質問も結構あります

 

 利益(営業 or 経常) がそこそこ出たのであれば、シンプルに3つに分けます。

 3つとは、「賞与」・「配当」・「内部留保」です。

 

 比率は必ずしも同じにする必要もないのですが、仮に1:1:1とします。

 「配当」と「内部留保」には税金がかかるので、法人税を約40%とすると、1:1.67:1.67 になり、利益(営業 or  経常)の約23%を原資にまわすということです。 

中堅・中小企業労務管理無料相談(初回無料)

お気軽にご相談下さい。相談場所は当事務所になります。

こんな時ご相談下さい

コンサル Blog
社会保険労務士 上田 正裕

中堅・中小企業の健全な発展のために

ブログ記事はこちらをお読み下さい。