労働審判・1回目が重要

 労働審判に関する相談が、ちょくちょくあります。

 顧問先での事例は、おかげ様で今のところありませんが、他士業の方や、お客さんの知り合いの方からの相談です。 

 残念ながら、社会保険労務士が代理をすることはできませんので、弁護士さんを紹介するか、現に弁護士さんがいらっしゃる場合は、側面的なアドバイスをするようにしています。

 

 私のイメージでは、労働基準監督署へ相談に行ってからや、労働組合との折衝が不調に終わってから労働審判に持ち込まれるケースが多いと思っていましたが、最近はいきなり持ち込まれるケースも多そうです。 

 流れとしては、原則3回以内の期日で審理を行い、迅速に処理することが目的で、調停による解決(和解)がメインです。

 

 ただ、回数が3回あるからと言って、悠長なことは言ってられません。

 

 現実的には、ほぼ1回目で、労働審判官(裁判官)と労働審判員(2名)の心証は決まると、知り合いの弁護士さんが言ってました。

 

 答弁書の提出を含め、論点やこちらの主張をしっかり準備しておかないと、思わぬ結果に・・・、となってしまうかもしれません。

 

中堅・中小企業労務管理無料相談(初回無料)

お気軽にご相談下さい。相談場所は当事務所になります。

こんな時ご相談下さい

コンサル Blog
社会保険労務士 上田 正裕

中堅・中小企業の健全な発展のために

ブログ記事はこちらをお読み下さい。